ジャスティナ

立型ロータリー研削盤

立型ロータリー研削盤

 ユニバーサルロータリー研削盤は縦型研削盤とユニバーサルスピンドルにより、内径、外径、そして端面の研削が一段取り行えます。

 

 GIUSTINA社製の立型ロータリー研削盤は外径、内径、平面の研削や形状研削、軽切削が行える機械です。機械には自動砥石交換装置、インプロセスゲージ、パレットチェンジャーなどで自動研削が行えます。歯車、ベアリング、タービン、建機用旋回輪、風力発電機部品、等の研削に最適の機械です。

 

<標準装備>

☆ 砥石径300から500mm

☆ 深穴加工用延長スピンドル

☆ ハイドロスタティックロータリーテーブル

☆ セルフセンタリング部品またはマグネットチャック

☆ 300mm以下の砥石用砥石ホルダー

☆ 径切削用ツールホルダー

☆ ダイナミックバランスユニット

☆ 自動砥石交換装置

☆ 機械ベッド据付型ローラードレッサー

☆ 自動検査装置

☆ シーメンス製CNC装置840D

 

 

 RV rotary grinding machineRV-120

 

 

<加工例>

加工例

 

<機械型式>

 

機械型式

 

*印はハイドロスタティック、RV200、RV250はハイドロスタティックが標準です。

**RV/U型はヘッドが傾斜するモデルです。

 

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ