フリッジ

FG620-TS 立型帯鋸盤

FG620-TS 立型帯鋸盤

 FRIGGI社で最も小型の帯鋸盤は、鋼板、アルミ材、形鋼、アルミダイキャスト、パイプ切断など、多くの用途で使用されています。テーブルに平面で接触する材料は、前方のワークゲージに材料を押し付けるだけで特別な治具なしで切断ができます。

 

 

 金型材の切断、アルミダイキャスト試作材の寸法確認切断、スクラップ材のリカバリー、丸材のピザ形状の切断など、テーブルと平面で接触する材料はクランプなしで切断できます。最大3000Kgの材料まで搭載が可能です。

 

<特徴>

☆ 剛性の高い機械は、鋼板電気溶接構造です。

☆ 超硬ブレードが使用できる構造になっています。

☆ テーブル移動は、比例制御弁の制御による油圧駆動です。

☆ テーブル移動の案内は、精密なリニアーガイドで行われています。

☆ テーブル上面のT-スロットは、材料の固定に利用できます。

☆ 手動式ワークゲージで、材料の位置を決める事ができます。

☆ 切断力を検知し、ブレードの送り速度を自動的に変更します。

☆ ブレードのスリップ感知装置も装着できます。

☆ ブレードが破損した場合には、機械は自動的に停止します。

 

型式

620

切断能力(WxH)

620x620mm

ブレード寸法

5370x41x1.3mm

ブレード速度

20~120m/min

ストローク

1200mm

積載重量

1500-3000kg

 

 

 

 

 

h_zoom.gif

拡大
閉じる

拡大
閉じる

PDFダウンロード

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ