フリッジ

VAS-OSF 立型帯鋸盤

VAS-OSF 立型帯鋸盤

 VAS-OSF型機は、最大6250mmの短冊切断と、最大2000mmの幅方向の切断が行える機械です。ブレードは通常短冊切断方向を向いていますが、90度回転させ、幅方向の切断もできます。アーチ移動型の機械は、最小の床スペースで、大きな材料の切断を行う事ができます。

 

 大型の鋼材、ステンレス材の切断用に開発されたVAS-OSF型機は、溶断されて硬化した材料の溶断部分を切取る作業にも使用されています。

 

<特徴>

☆ 剛性の高い機械は、鋼板電気溶接構造です。

☆ 超硬ブレードが使用できる構造になっています。

☆ 軸の制御はボールねじとサーボモーターで行い、案内はリニアーガイドを採用しています。

☆ 幅方向の切断移動は、油圧バイスとボールねじとサーボモーターで行います。

☆ ブレードの曲がりを感知するブレードデビエーション制御装置の装着が可能です。

☆ 切断力を検知し、ブレードの送り速度を自動的に変更します。

☆ ローラー式押し付け装置で切断部分での振動を抑制します。

☆ 油圧式ローラーコンベアー浮上装置で位置決めが容易に行えます。

☆ ブレードが破損した場合に、機械を自動停止させます。

☆ 切断開始時に、自動的に速度を遅くする装置も装備できます。

 

型式

6250x2000x300

8250x2000x300

7250x2800x300

切断能力(WxH)

2000x300mm

2000x300mm

2800x300mm

ブレード寸法

9360x41x1.3mm

9360x41x1.3mm

-

ブレード速度

20~120m/min

20~120m/min

20~120m/min

ストローク

6250mm

8250mm

7250mm

積載重量

28000Kg

-

-

 

 

h_zoom.gif

拡大
閉じる

拡大
閉じる

拡大
閉じる

PDFダウンロード

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ