ハイドメック

縦型傾斜帯鋸盤

縦型傾斜帯鋸盤

 この機械はH形鋼やパイプを様々な角度で切断できる機械です。

 

 V-18型は左右に45°までの傾斜切断ができ、VW-18型機は左右30°まで帯鋸刃を傾斜させて切断することができますので溶接前のH形鋼、パイプを色々な角度で切断できます。

 

 旋回は油圧サーボ機構の自動旋回で、旋回角度はモニターに表示されます。薄肉材の保持のためにバイスの圧力は自在に調整できます。切断フレームは形鋼切断や形鋼を束ねて材料の切断の為に前に6°傾斜(V-18型)または3°(VW-18シリーズⅡ型)します。

 

V-18型

 

V18

 

主な仕様

 

ブレード寸法

34x5157mm

ブレードモーター

5.5Kw

ブレード速度

20~116 m/min

切断能力

 

90°時

パイプ材455mm H鋼 457x711mm

右に45°傾斜時

パイプ材455mm H鋼 457x483mm

左に45°傾斜時

パイプ材455mm  H鋼 457x483mm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 VM-18シリーズⅡ型

 

VW-18

 

主な仕様

 

ブレード寸法

34x4953mm

ブレードモーター

4.7Kw

ブレード速度

20~116 m/min

切断能力

 

90°時

パイプ材457mm H鋼 457x558mm

右に45°傾斜時

パイプ材381mm H鋼 457x381mm

左に45°傾斜時

パイプ材381mm  H鋼 457x381mm

右に30°傾斜時

パイプ材260mm  H鋼 457x260mm

左に30°傾斜時

パイプ材260mm  H鋼 457x260mm

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 *上記数字は切断フレーム角度0°のときの数値です。3°傾斜した場合の数値はご確認ください。

 

動画、または写真はハイドメック社のホームページでご覧頂けます。

 

 

 

 >ハイドメック社 ホームページ

 

 

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ