レデックス

RAM-HiT(ハイトルク)型 インラインスピンドル減速機

RAM-HiT(ハイトルク)型 インラインスピンドル減速機

  REDEX社製RAM-HiT(ハイトルク)はインラインサーボモーターと組み合わせてスピンドルに内蔵できる2段減速機の最新型です。従来のRAM-MSD型と比較し、より小さい外径で高トルクを実現しました。コンパクトなスピンドルで重切削の機械に適しています。

 

 RAM-HiT型2速スピンドル減速機は、RAM-MSD型減速機のハイトルクバージョンです。ラム内部の水冷式モーターとスピンドルを同一直線上(インライン)に組み込むように設計された減速機で、軽量でコンパクトな構造は、近年のスピンドルでは最適の2速スピンドル減速機です。

 

 インライン用スピンドル減速機

 

 <RAM-HiTの特徴>

☆  コンパクトな設計 ☆  シンプルな動力設計 ☆  単一の水冷回路 ☆  低いイナーシャ

☆  動作が静か ☆  より剛性の高い設計 ☆  低い振動

 内径、外径

 

 

<特徴ある構造>

 RAM-HiT(ラムハイトルク)の特徴は、インラインスピンドル用の設計で減速機が中空になっています。中空内部にドローバーや回路配線を行うことにより、スペースを効率よく使用することができます。外径が非常にコンパクトで、かつ内径を大きくする構造で、多くのお客様にご満足頂いております。

 

 

<仕様>

仕様

 

 

コンセプト

<冷却方式>

  スピンドルの設計において、冷却は非常に重要な要素です。冷却が十分でない場合、熱膨張によって加工精度に影響がでてきます。レデックスでは減速機を含めたスピンドルの温度上昇を±5℃以内を推奨しております。冷却は右図のように、減速機とモーターの冷却をかねて行い、減速機内部の潤滑と合わせて推奨の温度範囲に維持するように冷却回路を設計してください。

 

 

 

 

 

 

潤滑回路

 

<潤滑方式>

 RAMシリーズでは、ドライサンプ潤滑方式をとっております。減速機内部にはほとんど油が無い状態での潤滑になります。この潤滑により、より低いエネルギー損失、最小限の熱の発生と高い効率を得ることができます。このシステムにより、スピンドル全体の温度管理が徹底され、高精度なスピンドルを設計することができます。

 

 

 

 

 

 

 

 カタログ、図面(PDF、2D、3D)、その他の問い合わせは、弊社ホームページ問い合わせよりご連絡をお願い致します。

 

PDFダウンロード

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ