レデックス

MSR型 テーブル駆動用減速機

MSR型 テーブル駆動用減速機

 REDEX社製の開発したMSR減速機システムはMSD+ベベル減速機を使用し、コストパフォーマンスが良く、高精度、高効率のロータリーテーブル駆動用減速機です。

 

 主に立旋盤のターニングセンター用のロータリーテーブルに利用されています。連続回転そして角度を決めてのターニング加工にロータリーテーブルを使用する場合の駆動減速機です。スピンドルモーター、スピンドル減速機MSD型とベベル減速機を組み合わせたシステムは簡単構造で安価、高精度、高効率な駆動ができる装置です。多くの欧米、アジアの立旋盤メーカーに採用され、非常に好評を得ています。

立旋盤

 

 

 MSR型減速機は4つの製品シリーズ(330、640、650、および660)があり、そのトルク範囲は2,500Nmから最大12,000Nmです。標準の減速比から特別仕様の減速比まで、お客様の機械仕様に適した減速機の供給も可能です。

 

 

 

<MSRの構成>

 MSR型減速機はベベルギアボックス+MSD型減速機を組み合わせたソリューションです。MSD型減速機は2段変速可能なスピンドル駆動用の減速機で、この特徴を生かすことによって2セットのMSRでターニング加工、ミーリング加工を可能にしています。構成内容は下図にあるように、減速機+ベベルギアボックスになります。

 MSR構成

 

<従来の駆動方法>

 今までのテーブル駆動の構成は、ターニング加工用にはメイン駆動(シングルピニオン)を使用し、C-軸でのミーリング加工用にはプリロードを加えた減速機を使用していました。この方法では高いコストがかかり、複雑な構成になっています。

 

従来型の駆動

 動力:  減速機3台+3台のモーター

改善点:  ・特別な減速機が必要

              ・全動力に対して1つの大きな減速機が必要

              ・モーターの取り付け方向が垂直

              ・減速比の汎用性が無い

              ・複雑な熱放射構造

              ・ピニオンクラッチと与圧システム

              ・組み立てコストが高い

 

<動力の配分と非常に高精度の位置決め>

 レデックスのの技術者は、最新のCNC技術を応用した画期的なソリューションを市場に提供しています。2つの独立した減速機(ツインピニオン)を使用するターニング工程では、駆動トルクを均一に配分し、C-軸でのミーリング工程ではプリロードモードで作動するようにしました。ギア比を変えることでフルレンジの速度がカバーでき、高速でのターニング工程、そして低速でのミーリング工程を可能にしました。

 

     ターニング加工                          ミーリング加工

ミーリング、ターニング

 

 

カタログ、図面(PDF、2D、3D)、その他の問い合わせは、弊社ホームページ問い合わせよりご連絡をお願い致します。

 

h_zoom.gif

拡大
閉じる

拡大
閉じる

PDFダウンロード

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ