レデックス

SRP型 遊星歯車減速機

SRP型 遊星歯車減速機

 2種類のプリロード方式でバックラッシュゼロでの駆動ができる減速機。また、ボールねじ駆動、ロボット搬送、スプリットピニオンを使用した1つの減速機で低バックラッシュで駆動することも可能です。

 

 SRP型減速機はその特徴としてピニオンの歯数、モジュールをある程度自由にカスタマイズできます。DIN規格で製造されるピニオンは全て装着することができ、ピニオンとラック部のバックラッシュをフリーにするスピリットピニオンの装着もできます。

 

<主要なアプリケーション>

 

・工作機械   ・レーザー加工機   ・ウォータージェット機   ・ロボット産業

・木工機械   ・搬送装置全般

 

<革新的な遊星歯車機構>ベアリング

 レデックス社の減速機はコンパクトな設計で高いネジレ剛性、低バックラッシュ、低イナーシャで、伝達効率は90%以上です。

 

 業界で最も剛性の高い出力ベアリングを使用することにより、高いチルティング(傾斜)剛性、ラジアル剛性で、負荷許容力は非常に大きくなっています。また、従来の減速機の2、3倍の寿命を持ち、高い繰返し精度が可能です。

 

 

<2つのプリロード方式>

1.ツイン駆動方式 (2つのモーターを使用して電気的にプリロードを加える方式)

 TwinDrive Image

 電気的に与圧を加えるツイン駆動は、1つのピニオンから他のピニオンに“電気的なブレーキ”をかけてバックラッシュをなくします。片側のピニオンは駆動(ドライブ)となり、もう片方のピニオンはブレーキとなります。このシステムには2個のモーターが必要で特別な制御(タンデム制御)によるプリロードが加えられます。

 

 高速運転時に2つのモーターを同じ方向に回転することで、より高速に駆動ができ、精密な位置決めが可能になります。また、プリロードの値も任意に設定ができます。

 

 

 

 

 

   TwinSRP型(ピニオン)    TwinSRP型(フランジピニオン)

TwinSRP1TwinSRP2

 

 

2.デュアル駆動方式 (1つのモーターを使用して機械的にプリロードを加える方式-特許)

 DualDrive Image

 機械的にプリロードを加えるデュアル駆動は1つのピニオンから他のピニオンに、カップリング内のスプリングのネジレ力によりプリロードを加えます。これによりピニオンが接触している部分のバックラッシュは完全に取り除かれます。

 この方式では駆動している間は常にバックラッシュが除去された状態で駆動しますので、高速時も低速時もプリロードが加わった状態での駆動となります。

 

 このシステムでは、1つのモーターで駆動し、特別な制御は必要ありません。機械式プリロード方式はレデックス社が特許を有しています。

 

   DualSRP型(ピニオン)                DualSRP型(フランジピニオン)

DualSRP1DualSRP2

 

 

<ご要求の精度に合わせたソリューション>

 精度比較

 SRP型減速機では電気的、機械的プリロードによるバックラッシュゼロ駆動以外に、スプリット(分割)ピニオンを使用する場合と、単体で駆動する場合の3つの駆動方法があります。

 

 お客様のご希望に合った駆動方法をお選びください。

 

 

 

 

 

 

 

  分割ピニオン

分割ピニオンスプリットピニオンでの駆動ではピニオンを2つに分割する構造で、ピニオンの両端を、ラックのそれぞれの両端に与圧で押し付けることでラックとピニオン間のバンクラッシュを除去しています。ただし、この方式では減速機自体のバックラッシュは残ります。

 

 

 

<カタログ、その他お問い合わせ>

下記のPDFダウンロードよりカタログをダウンロード頂けます。

 

カタログ、図面(PDF、2D、3D)、その他の問い合わせは、弊社ホームページ問い合わせよりご連絡をお願い致します。

 

 

 

h_zoom.gif

拡大
閉じる

ボールねじ駆動

拡大
閉じる

ラック&ピニオン駆動

PDFダウンロード

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。弊社より折り返しご連絡いたします。

btn_foot_access.png h_foot_tokyo2.png
h_foot_fukuoka2.png
ホーム 取扱製品 導入事例 メンテナンス・サポート 会社概要 おもしろ情報 お問い合わせ