MEP-メップ

ダブルコラム帯鋸盤

ダブルコラム帯鋸盤

 自動ダブルコラム帯鋸盤は最新制御装置を搭載した安価、高性能、高速切断、高精度の機械です。オプションのSMS(ショートメールメッセージ)で機械に問題が発生した場合には停止コードを機械から離れていても連絡することができます。

 

1964年創業のメップ社は丸鋸盤(メタルソー)の製造を開始し、1987年に帯鋸盤(バンドソー)の製造を開始しました。既に50,000台以上の機械が全世界50ヶ国に販売され稼働しています。2000年代に入りカナダのHYDMECH社(ハイドメック社)を買収しました。現在の生産拠点はイタリア、カナダ、アメリカ、そして中国にあり、年間12,000台の帯鋸盤を生産しています。

 

<特徴>

☆  強靱なダブルコラム横型帯鋸盤は強力、高速切断ができます。

☆  ステンレス鋼、合金鋼、ムク材、構造材の切断に最適です。

☆  全自動、半自動機の二つの機種があります。

☆  インバーター付きで切断速度を無段変速できます。

☆  切断ヘッドの移動はリニアーガイドの摺動面とサーボモーター、ボールねじで駆動します。

☆  材料ライブラリ機能により、寸法情報から自動で切断プログラムを設定できます。

☆  KONNECTタイプは捨て切断の位置決めを自動で行うことができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

詳細の仕様および見積は販売代理店にお問い合わせください。

 

メーカー別一覧

製品種別一覧

メールでお問い合わせ

専用の入力フォームをご利用ください。
弊社より折り返しご連絡いたします。